海外における翻訳会社の利用方法のポイントと考え方とは

サイトマップ
Translation company

翻訳会社の利用方法とポイント

笑顔の男性

近年のインターネットの普及は一気に国際化を進め、だれでも簡単に国際交流できる時代になりました。海外向けに商品をアピールしたい、海外のネット通販を利用してみたい、そうは思っても外国語はさっぱり分からないし、オンラインの翻訳サービスでは不安だし…そう諦めている人も多いはず。そこで活用したいのが翻訳会社です。
まずは翻訳会社を選びましょう。インターネットで検索してみると多くの会社がヒットします。その中でも、低価格で多言語に対応しており、専門分野にも通じている会社を選ぶのがポイントです。対応できる言語や分野が多いほど、翻訳会社の信頼性をはかる目安になります。翻訳会社を選んだら見積もりを取りましょう。無料で見積もりがとれる会社だとコストもかかりません。メールか電話で、翻訳したい言語、翻訳するもの(専門性の有無)、翻訳する量、翻訳する目的(プレゼン用、社内用、個人用など)、納期(緊急度)などの必要な情報を伝えます。
見積もり内容でよければ依頼をします。翻訳者を選べるサービスもあるので、気に入った翻訳者をリピートして指名することもできます。また、翻訳作業はチームで行うので翻訳ミスがほとんどありません。目的に合った語調に整えるなどの校正も行われるので、安心して任せられます。納品されたら翻訳料を支払い、完了です。4ステップで利用は簡単なので、みなさんもぜひ翻訳会社を利用してみてはいかがでしょうか。

海外における翻訳会社

日本では、日本人は特に翻訳会社を利用する必要がある時はないのかもしれません。ですが、海外においては、その国民であれ、そうではないであれ、翻訳会社というのは役目が大きいともいえます。
というのも、国際結婚の場合です。例えば、あなたは日本人で、旦那さんがフランス人の場合、フランス語があなたができて、あなたの戸籍なども、あなたが翻訳できるといった場合であっても、これは、公式翻訳にはならないのです。ですから、国際結婚時には、大体どこの国も、翻訳会社にあなたの戸籍などの翻訳を頼みます。
ここまではあなたがやる事と一緒なのです。ですが、それ以外に違うことと言えば、翻訳会社のハンコを押してもらうということです。このハンコがないと、「翻訳をした」ということにはならず、婚姻届けは受理されません。
さらに、ビザの手続きなどの場合、特にアメリカなどは、必ずと言っても良いほど、翻訳が必要になり、この際にも、翻訳会社のハンコが必要になります。ですので、スムーズに手続きを進めるためにも、ある程度の翻訳会社リストを用意しておくと、何かあったという時にも、すぐに対応してもらうことができるので、色々と見つけておくとよいでしょう。

翻訳会社の考え方について

翻訳会社では、翻訳者が作業を終えた後に翻訳会社の社内か外部に委託する形で確認作業を行います。この時、確認作業を行う際の作業方針と具体的な方法は、翻訳会社によって異なります。
一文一文を全部人の目で確認するという会社もあれば、一部だけスポットの確認をする会社もあります。中には、パソコンを使って検品作業を行うという会社もある上に、仲介の役割に徹して内容的な確認作業を一切行わない会社も存在します。よって、確認作業への会社の考え方により、見積もりを依頼して各翻訳会社の見積もりを比較検討する場合は、、サービス内容も考慮する必要があります。
ちなみに、翻訳会社によっては量が多く作業期間が短い場合は、複数人の翻訳者に仕事を頼むケースもあります。翻訳会社では、1人でなく複数人の翻訳者に仕事を頼む場合として、作業を分担して作業指示を取りまとめたりする全体の交通整理を行うことが必要です。
翻訳会社ごとに考え方が異なる影響により、確認作業の作業方針とやり方が異なります。さらに、各作業者から納品された訳文を見て用語や表現の整合性が取れているかを確認する必要もあります。なので、それぞれの翻訳会社の作業方針や考え方により、多言語の翻訳に対応しているかどうかを左右しているとされます。

TOP